地球温暖化

「地球温暖化」で地球はどうなってしまうのだろうか?

1 しくみ

 地球の温度は,太陽からの日射のエネルギーと地球自体が宇宙に向けて出す熱放射とのバランスによって決まります。ところが人間活動による温室効果ガスの増加のために温室効果が強くなる結果として,地球温暖化が引き起こされます。

2 温室効果ガスの正体

 温室効果ガスには,自然に存在する二酸化炭素,メタン,亜鉛化窒素(一酸化二窒素),オゾン,水蒸気等や人為的に発生する二酸化炭素,メタン,亜酸化窒素(一酸化二窒素),フロン等があります。

 しかし,産業革命以降人為的に排出された二酸化炭素の量が膨大であるため,地球温暖化への影響が最も大きい温室効果ガスは二酸化炭素です。

出典 仙台市環境局環境部環境計画課発行「地球温暖化と私たち」(IPCC、気候変動に関する政府間パネル(1995))

3 地球温暖化の予測

 大気中の二酸化炭素濃度は産業革命(1750〜1800年)以前は比較的一定の約280ppm(ppmは100万分の1,容積比)水準でした。ところが,産業革命以後,二酸化炭素の排出が著しく増加し,1994年(平成6年)までにその濃度は358ppmまで上昇しています。

 こうした傾向は大部分は人間活動に起因するものであり,その多くは石油,石炭などの化石燃料の使用などによるものです。今後も二酸化炭素の排出が現状のスピードで増加した場合,21世紀末までに,地球平均気温が現在よりも約2℃,海面は約50?上昇すると予測されています。

出典 仙台市環境局環境部環境計画課発行「地球温暖化と私たち」(IPCC、気候変動に関する政府間パネル(1995))

 


ホーム キッズ データ登録  グラフを見る 全データを見る プロジェクトについて

インターネット環境家計簿 http://eml.edb.miyakyo-u.ac.jp/JOHO/kakeibo/
連絡先:
企画:仙台市教育センター情報教育推進委員会環境家計簿班
開発運用:宮城教育大学環境教育実践研究センター