インターネット環境家計簿、便利な使い方

抽出キーワードについて

抽出キーワードは、個別のグラフを書いたり、データを削除する時に使用します。単独あるいはグループで共通のキーワードを入力すると、そのキーを用いて収集できるデータを同じグラフに書くことができます。

例えば、登録時に、「ugawa@sendai-c.ed.jp,eco-project」というキーワードで登録したときを例とします。登録後、グラフを書く時に、抽出キーワードとして、

  1. 「ugawa@sendai-c.ed.jp,eco-project」と全部を入れれば、このキーにヒットするものしか出てきません。
  2. 「sendai-c.ed.jp」を入れれば、仙台市内の学校は、@sendai-c.ed.jpのメールアドレスがついているので、仙台市内の学校関係者全体のデータが抽出できるはずです。
  3. 同様に、「eco-project」とした場合は、このキーにヒットする他のデータも抽出できるはずです。仙台市以外の学校のデータであっても、同じキーワードがついていれば抽出が可能です。

注意点

キーは、カンマで区切りいくつも書くことができます。現在、全角文字、日本語には対応できていません。半角ローマ字、半角数字で入力してください。同じキーが他の人により入力されるのを避けるには、電子メールアドレスとキーワードの組みあわせの文字を書くことを強く推奨します。なお、キーの部分は公開されません。

すでに、登録してしまったキーワードについて、別のキーワードをつけたい等のことがありましたら、kakeibo@edb.miyakyo-u.ac.jpまで、ご連絡ください。できるだけ対応したいと思います。

グラフのURLについて

キーワードでデータを抽出し特別注文のグラフ作成したときに表示されるURL(アドレス)をメモしておき、他のホームページから参照することで、キーワードを入力する手間を省いて最新のグラフを書かせることが可能です。

http://eml.edb.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/kakeibo.cgi?kw=ugawa@sendai-c.ed.jp%2Ceco-project

データを登録した直後のグラフ

データを登録した直後のグラフを、最新のグラフを見るで見てみると、抽出キーワードで入力したデータが自動的にプロットされていますので確認に便利です。登録が終わったら是非グラフを見てみましょう。手動でブラウザの「更新」ボタンを押すと、即、最新データに置き変わります。

 


ホーム  データ登録  グラフを見る  全データを見る  プロジェクトについて
インターネット環境家計簿 http://eml.edb.miyakyo-u.ac.jp/JOHO/kakeibo/
企画:
仙台市教育センター情報教育推進委員会環境家計簿班
開発運用:宮城教育大学環境教育実践研究センター